スマートホームとは

「家のセキュリティから省エネ、いろんなスマート家電のコントロールまで、スマートスピーカーやスマホなどを通して一元管理できる。」そのような世界を実現するのがスマートホームです。

例えばスマートスピーカー(Amazonエコー、Googleホーム等)に向かって「テレビをつけて」と言う。するとテレビがつく。「3チャンネルにして。ボリュームは小さめに」と言うと、音量が小さくなります。通常は家電を操作する際にはその家電に合うリモコンでないと操作できませんが、スマートホーム化することによってスマホの中に複数のリモコンを集約することができ、室内からだけでなく、外出先からも操作できるようになります。

スマートホームで実現される暮らし

利便性の向上
スマートホームは、暮らしに「安心、安全、健康、快適、便利」といった、今までの生活の質を今よりも向上させてくれます。スマートホームではデバイスを1つでコントロールできるようになるため、スマホがリモコンの代わりになったり、音声によって制御する事ができます。
料理中で動けない時に音声で制御できたり、リモコンを取りに行くのが面倒な時が多々ある中でこの操作はメリットとなります。

ライフスタイルに合わせた暮らしの実現
子供のいる家庭では、子供が鍵を開けたら離れている両親のスマホに通知され、スマートロックとカメラを連動させておけば、帰ってきた子供とコミュニケーションが可能になります。また、離れた場所に住んでいる両親とも同様なコミュニケーションが可能になり、離れていてもコミュニケーションを築くことができるようになります。このように、IoT家電単体(スマートロック)をほかの何か(カメラ)と掛け合わせることで、単なるスマートホーム以上の体験が得られます。

防犯面の強化
スマートホームでは顔や音声、デバイス認証によって管理できるようになっていきます。防犯面は強化され、安心・安全な生活が実現していきます。

電力・光熱費の節約
スマートホームによって、電力の無駄使いを解消できます。テレビのつけっぱなしで寝てしまうことなど一度ぐらい経験ありませんか?スマートホームでは、このような電力の無駄使いを制御し、オンオフの自動化を実現させることができます。それだけではなく、外から照明をスマホで操作できるようになれば、家を出た後に「電気を消し忘れたかも」といった不安から解放されます。不安になったら、スマホを開いて、照明が点いているかどうか簡単に確認できるためです。電気を点けたまま外出してしまった場合、センサーが自動で人がいるかどうか判断し、いないと判断したらスマホに通知を送ってくれるものもあります。これにより電力の無駄使いをなくすことができますので、光熱費の節約につながります。

スマートホームの課題

スマートホームによる便利な生活を実行する場合、WiFi環境であることとIoT機器を揃える必要があります。
スマートホーム製品自体は設定・設置が簡単ですが、スマートスピーカーと連動させるとなると設定や操作が難しくなります。機械やインターネットに普段から触れている人は説明書を読んだり、動画を見てすぐにできるかもしれませんが、そうでない高齢者などにとっては厳しいかもしれません。スマートホームはまだまだ成長する市場であるため、低コスト化や商品開発、そしてスマートホーム製品・IoT機器とスマートスピーカーの連携設定のより分かりやすい方法などが生み出されていくでしょう。

スマートホーム実現へ向けて

私たち「(株)ホット沖縄 」「(株) 大倉 」HESTAパートナーシップ会員として 提携し、AI&IOT技術を活用したIoT機器を活用し展開しております。 スマートフォンで家電や施錠をコントロールできるほか、居住者の健康データの管理などにも対応。遠隔から居住者の安否確認も可能になります。
次世代型スマートホーム「HESTA AI SMART HOME(ヘスタ AI スマートホーム)ショールームが沖縄にもありますのでぜひ体験してみてはいかがでしょうか。